糖尿病の人は歯周病多い?

糖尿病の人は歯周病になりやすいのをご存じですか?

 

糖尿病でない人と比べると、2倍の確率で起こりやすいという報告もあるんです。

 

高血糖の状態が免疫機能を低下させ、血管に障害をもたらす合併症の一つですが

 

「糖尿病だから歯周病になりやすい」反面「歯周病が糖尿病を悪化させる」という

 

相互に悪循環の深い関係があることがわかってきました。

 

歯周病の治療をすすめて行くことで、血糖コントロールが改善し血糖値が低下したという報告もあるんですよ。

 

両方の治療を同時に行うことが大切ですね。

 

歯周病とは歯周ポケット(葉と歯茎の間の溝)に入った歯周病菌の感染による炎症性疾患です。

 

糖尿病の症状として口の中が渇きやすくなること、唾液の糖分の濃度が高くなることで、

 

歯周病菌が繁殖しやすくなるといわれています。

 

糖尿病の早期段階は自覚症状がないため、自分が糖尿病だと気付いてない人も少なくありません。

 

歯周病の自覚症状のある人は、糖尿病でなくても糖尿病予備軍の可能性がありますね。

 

血糖コントロールがよくない人ほど、合併症の進行が早いといわれていて

 

それは歯周病も同じ傾向がみられます。