血糖値朝に高いわけは

血糖値は食後に高くなるのが一般的ですが、朝起きたときに高い場合があります。

 

2型糖尿病患者に多くみられる症状ですが、朝起きたときには空腹なのに、血糖値が高いのはどうして?

 

その原因について調べてみました。

 

健康な人も、糖尿病患者であっても、人は寝ている間に血糖値がだんだん低くなっていきます。

 

すると、肝臓が糖を作り始めます。これは「新生糖」と呼ばれるものです。

 

健康な人は、この新生糖に対して十分なインスリンが分泌されるので問題はありませんが、

 

糖尿病患者の場合は、インスリンの分泌量が少ないために、血糖値の上昇を抑えることができず、

 

血糖値が高い状態で朝を迎えてしまうのです。この現象は「暁(あかつき)現象」と呼ばれます。

 

また、インスリン療法を行っている人で、インスリンを使用して血糖値が下がりすぎたり、

 

食事の量が少なすぎた場合に低血糖状態になると、反動で早朝に血糖値を高めてしまうことがあります。

 

この現象は「ソモギー効果」と呼ばれます。

 

食後の血糖値上昇は、食事療法や運動療法である程度のコントロールは可能ですが、

 

朝起きた時に血糖値が高い場合は、自分ではどうしようもありません。

 

薬が必要になる場合もあるので、主治医に診てもらいましょう。