血糖値下げる方法

血糖値は血液中に含まれる「ブドウ糖」の割合のこと。

 

数値が高いということは血液中にあるブドウ糖の濃度が高いということなので血液はいわゆるドロドロ状態で血管を傷つけている可能性が大きいです。

 

インスリンとは、すい臓から分泌される、血糖値を下げる唯一のホルモンです。

 

 

 

食事を摂って血糖値が上がると、すい臓のβ細胞がすぐにインスリンを分泌します。

 

血中のブドウ糖を細胞に取り込ませてエネルギーとして消費し余ったブドウ糖を肝臓・筋肉・脂肪に蓄えたりすることで、血糖値をコントロールして一定に保っているホルモンです。

 

糖質を摂りすぎたり、暴飲暴食で血糖値を激しく上げてる状態が続くと毎食ごとにインシュリンが大量に分泌されることになり、すい臓にも負担がかかってきますよね。

 

そうすると、インスリンの量が少なくなったり、分泌されても上手に働かなくなりブドウ糖が細胞の中に取り込まれず、エネルギーとして燃えることが出来ません。

 

そうなると、血糖が一定の値を超えてしまい高血糖の状態が続きます。この状態が糖尿病なのです。

 

 

 

不規則な食生活はもちろん、運動不足やストレスも糖尿病と大きく関わっているので日頃の生活習慣を見直すことが大切ですね。

 

 

血糖値を下げるシンプルな方法としては、

 

まず食生活を変えていかなければなりません。

 

どのように変えていかなければならないのかと言うと、

 

 食事を摂る時にまず気を付けなければならない事は、主食の炭水化物を摂りすぎないようにする事です。
炭水化物を摂取するとどうしても血糖値が上がってしまうので、気を付けなければならないのです。

 

 

 もちろん食事をする際には、よく噛んで時間をかけて食べる必要があります。
早食いをすると、血糖値が上がってしまうのと、余計に食べてしまうことになります。

 

 

 また炭水化物はご飯やパン以外にも、イモ類や味噌醤油などにも含まれるので、気を付けるようにしましょう
バランスよくいろいろな物を摂取するよう心掛けるようにするのが基本です。

 

 

また食事の際に食べる順番もとても重要で、炭水化物をまず摂取すると血糖値が上がってしまうため、副食から摂取するようにして、血糖値が急に上がらないようにする必要があります。食物繊維が糖の吸収を抑えるからです。

 

 

 

 

 

 

コレステロールを下げる食事野菜コレステロールを下げる食事昆布

 

 

次に、効果的な方法として運動が挙げられます。

 

運動の中では、すぐに実行することが出来るジョギング・ウォーキングの有酸素運動がお薦めです。
いつでも思い立ったらできますし、年齢など関係なく始めることが出来ますが、気を付けた方が良い事は食べてすぐ運動するのは良くないので覚えておいた方が良いでしょう。

 

 

 

ウォーキングをした場合、運動の効果として血糖値が食後30分で役50mg/dl下がるであろうと言われています。
毎日続けていれば血圧やコレステロールなども併用して下がっていきます。

 

血糖値を下げるためには、運動だけしていてもどうしても食事をすると血糖値が上がりますので、適度な運動が必要なのです。
運動の頻度は、週に3.4回程度、1日30分くらいから始めるのが良いです。無理してハードなことをする必要はなく、継続することが最も大切です。

 

 

分かっているけど、継続が難しんです・・・・・・・・

 

血糖値下げるのは

 

食事と運動が大切ですが、難しいときはサプリメントが心強いです。普通の食事ではとれない量を補給できるから。

 

また、食事プラスサプリでより血糖値を下げるように改善いきましょう。

 

 

 

 白井田七
 

「白井田七」の特徴とポイント、

 

無農薬有機栽培で作られた田七人参

 

サポニンが高齢人参などに入っている量の7倍 
 
・すっきり成分にすることが出来るフラボノイド、体内で作ることが出来ない必須アミノ酸
 
94%のリピートは満足度の証拠ですね。

 

・15日の返金保証がついているから、安心。
 
  原料の田七人参について
植えて収穫するまでに3〜7年かかる貴重な植物です。田七人参にはいろいろな疾病に古くから使用されています。サポニンが、高血圧、糖尿病、肝臓病、貧血、高脂血症、コレステロール値を改善、疲労回復、更年期障害、効果があるといわれています。

特徴・ポイント 価格 オススメ度
サポニンが高麗人参の7倍・返金保証あり 3,980円(税込) 1日132円  

>>白井田七39%OFFの詳細はこちら<<

 

 アラプラス糖ダウン
   

 

 

アミノ酸ALA(5−アミノレブリン酸リン酸塩)を1カプセル15ミリグラム配合
 
・トマト約150kg以上   ほうれん草約93kg以上食べないと取れないALAが1カプセルに。
 
糖の吸収抑制より、糖の燃焼促すことに特化
 
機能性表示食品として消費者庁に届け出が受理されました。届出番号A148

 

特徴・ポイント 価格 オススメ度
ALAが1カプセル15ミリグラム 4,900円(税抜)1か月分  (送料無料)  

>>アラプラス糖ダウン詳細はこちら<<

 

 サラシアプラス
 

 

・インドの伝統医学のハーブ、サラシア配合 
 
・サラシアに加えて、ギムネマ・桑の葉・白インゲン抽出物・ウコン・グァバ葉など11種類の有効成分

 

・ギムネマのに含まれるギムネマ酸は小腸内で糖質の吸収を阻害し、血糖値の上昇を抑える働き
・桑の葉のDNJは、糖質の吸収を抑制する働き
・白インゲンのファセオラミンは、炭水化物の吸収抑制

特徴・ポイント 価格 オススメ度
11種類の有効成分+3種類のビタミンB 7,180円(税込・送料無料)   

>>サラシアプラス詳細はこちら<<

 

 

 

 

血糖値が高くなると色々な症状が出てきます。

 

まず健康な血糖値の値は140mg/dl未満です。

 

血糖値が高くなけば高くなるほどいろいろな症状が現れてきます。
200mg/dlではまだ特に症状が現れることはありませんが、300-400mg/dlくらいになると、体が疲労したり喉がとても渇いた状態になります。

 

 

 

もっとも高くなる500mg/dl以上になってしまうと、意識がもうろうとしたり、嘔吐してしまったりする状態になることがあり、昏睡状態になることもあります。
また症状だけでなく体の中でさまざまな障害が出てきます。

 

 

とくに障害が出やすいところは、腎臓や神経や目と言われ、手足が痺れてきたり感覚がなくなってしまう神経障害、失明してしまうこともある目の障害の網膜症、腎臓に異常が出てきてきちんと機能ができなくなってしまう腎不全、脳の血管が破れて脳内出血を起こしたり、くも膜下出血を起こしたりする脳卒中の症状が出ることもあります。

 

 

白井田七の体験談

 

血糖値が高くなってしまい、妻が自分のためにいろいろと食事で気を付けてくれていたものの、なかなか数値が下がるまではいきませんでした。

 

そんな時に血糖値が下がるもので何かいいものがないかと探していたところ、白井田七を知ることが出来ました。

 

最初はサプリメントで血糖値が下がるのか半信半疑でしたが、飲んでいるうちに次第に本当に血糖値の数値が下がっていったので、本当に驚きました。

 

もちろん食事も栄養価の高いものを一緒に摂取していたので、相乗効果もあるのかもしれませんが嬉しかったです。

 

錠剤も大きいものはとても苦手なので、サプリメントを飲むとなった時にどうかな、と思ったのですが、この白井田七のサプリメントの錠剤は小さくて飲みやすいために、心配することもなく続けていくことが出来るので、同じような心配がある人にもとてもおススメです。とにかく血糖値を下げたい人にお薦め間違いなしです。

 

白井田七の原材料になっている「田七人参」は古くから生薬として使用されてきました。

 

バランスのとれた数多くの栄養素がたくさん含まれていますが

 

その中でも注目の「サポニン」の含有量は高麗人参の7倍とも言われていて

 

インスリンと同様、血糖値の正常化を促進させる作用があるので

 

糖尿病の改善効果に期待ができると注目されています。実際に「数値が下がった」などの口コミも多いんですよ。

 

「血糖値が気になって飲み始めたと」いう女性の体験談をいくつかご紹介します。

 

◎ 
効果あると思います。
血糖値は少しずつ時間をかけてゆっくり下がっていってますが体のだるさがなくなり、血流が改善されて冷えも軽くなってきました(50代)

 

◎ 
血糖値が高く飲み始めましたが、血圧も安定してきたので驚いています。
更年期障害の顔のほてりやイライラも軽減されて、体調が良くて嬉しいです(40代)

 

◎ 
「血糖値を下げるサプリ」と友人にすすめられて半信半疑で飲み始めたところ期待以上に血糖値が下がってきたのでビックリ!
毎日忘れずに飲むだけで効果もある手軽さがいいですね(40代)

 

・・など、血糖値以外でも良い体感をされてる方が多いのも人気の秘密です。

 

 

 

 

>>白井田七39%OFFの詳細はこちら<<

 

血糖値が高い人は、お酒を飲んでいいの?

アルコールは血糖値が上がるイメージがありますよね。

 

でも、実はそうでないアルコールがあるのをご存じですか?

 

焼酎やウイスキーなどの「蒸留酒」は、加熱して蒸留する際に

 

血糖値上昇の原因となる糖分が取り除かれるため、血糖値が上がりにくいんです。

 

糖質ゼロの発泡酒なんかもいいですね。

 

だからといって、もちろん飲みすぎは厳禁です!

 

逆に、ビールや日本酒などの「醸造酒」は、アルコールを発酵させたままの状態で糖質が含まれていますので

 

蒸留酒と比べると血糖値が上がりやすいとされています。

 

 

 

一般的には「糖尿病の人は禁酒が基本」といわれてますが

 

お酒は昔から「百薬の長」と呼ばれていて、少量のアルコールは

 

血栓を溶かす作用や、ストレスを和らげたりすることに役立つことがわかっています。

 

 

日本酒なら1合、ビールは大瓶1本まで、ワインだとグラス1杯までが基準です。 
 

 

飲みすぎると「お酒は万病のもと」になってしまうので

 

おつまみにも気を付けながら、休肝日をつくり、必ず適量を守りましょう。

 

アルコールは1gが約7kcalとカロリーも高め。

 

カロリーコントロールをしている人も摂りすぎには注意しましょう。