血糖値下げる方法

血糖値は血液中に含まれる「ブドウ糖」の割合のこと。

 

数値が高いということは血液中にあるブドウ糖の濃度が高いということなので血液はいわゆるドロドロ状態で血管を傷つけている可能性が大きいです。

 

インスリンとは、すい臓から分泌される、血糖値を下げる唯一のホルモンです。

 

 

 

食事を摂って血糖値が上がると、すい臓のβ細胞がすぐにインスリンを分泌します。

 

血中のブドウ糖を細胞に取り込ませてエネルギーとして消費し余ったブドウ糖を肝臓・筋肉・脂肪に蓄えたりすることで、血糖値をコントロールして一定に保っているホルモンです。

 

糖質を摂りすぎたり、暴飲暴食で血糖値を激しく上げてる状態が続くと毎食ごとにインシュリンが大量に分泌されることになり、すい臓にも負担がかかってきますよね。

 

そうすると、インスリンの量が少なくなったり、分泌されても上手に働かなくなりブドウ糖が細胞の中に取り込まれず、エネルギーとして燃えることが出来ません。

 

そうなると、血糖が一定の値を超えてしまい高血糖の状態が続きます。この状態が糖尿病なのです。

 

 

 

不規則な食生活はもちろん、運動不足やストレスも糖尿病と大きく関わっているので日頃の生活習慣を見直すことが大切ですね。

 

 

血糖値を下げるシンプルな方法としては、

 

まず食生活を変えていかなければなりません。

 

どのように変えていかなければならないのかと言うと、

 

 食事を摂る時にまず気を付けなければならない事は、主食の炭水化物を摂りすぎないようにする事です。
炭水化物を摂取するとどうしても血糖値が上がってしまうので、気を付けなければならないのです。

 

 

 もちろん食事をする際には、よく噛んで時間をかけて食べる必要があります。
早食いをすると、血糖値が上がってしまうのと、余計に食べてしまうことになります。

 

 

 また炭水化物はご飯やパン以外にも、イモ類や味噌醤油などにも含まれるので、気を付けるようにしましょう
バランスよくいろいろな物を摂取するよう心掛けるようにするのが基本です。

 

 

また食事の際に食べる順番もとても重要で、炭水化物をまず摂取すると血糖値が上がってしまうため、副食から摂取するようにして、血糖値が急に上がらないようにする必要があります。食物繊維が糖の吸収を抑えるからです。

 

 

 

 

 

 

コレステロールを下げる食事野菜コレステロールを下げる食事昆布

 

 

次に、効果的な方法として運動が挙げられます。

 

運動の中では、すぐに実行することが出来るジョギング・ウォーキングの有酸素運動がお薦めです。
いつでも思い立ったらできますし、年齢など関係なく始めることが出来ますが、気を付けた方が良い事は食べてすぐ運動するのは良くないので覚えておいた方が良いでしょう。

 

 

 

ウォーキングをした場合、運動の効果として血糖値が食後30分で役50mg/dl下がるであろうと言われています。
毎日続けていれば血圧やコレステロールなども併用して下がっていきます。

 

血糖値を下げるためには、運動だけしていてもどうしても食事をすると血糖値が上がりますので、適度な運動が必要なのです。
運動の頻度は、週に3.4回程度、1日30分くらいから始めるのが良いです。無理してハードなことをする必要はなく、継続することが最も大切です。

 

 

分かっているけど、継続が難しんです・・・・・・・・

 

血糖値下げるのは

 

食事と運動が大切ですが、難しいときはサプリメントが心強いです。普通の食事ではとれない量を補給できるから。

 

また、食事プラスサプリでより血糖値を下げるように改善いきましょう。

 

 

 

 白井田七
 

「白井田七」の特徴とポイント、

 

無農薬有機栽培で作られた田七人参

 

サポニンが高齢人参などに入っている量の7倍 
 
・すっきり成分にすることが出来るフラボノイド、体内で作ることが出来ない必須アミノ酸
 
94%のリピートは満足度の証拠ですね。

 

・15日の返金保証がついているから、安心。
 
  原料の田七人参について
植えて収穫するまでに3〜7年かかる貴重な植物です。田七人参にはいろいろな疾病に古くから使用されています。サポニンが、高血圧、糖尿病、肝臓病、貧血、高脂血症、コレステロール値を改善、疲労回復、更年期障害、効果があるといわれています。

特徴・ポイント 価格 オススメ度
サポニンが高麗人参の7倍・返金保証あり 3,980円(税込) 1日132円  

>>白井田七39%OFFの詳細はこちら<<

 

 アラプラス糖ダウン
   

 

 

アミノ酸ALA(5−アミノレブリン酸リン酸塩)を1カプセル15ミリグラム配合
 
・トマト約150kg以上   ほうれん草約93kg以上食べないと取れないALAが1カプセルに。
 
糖の吸収抑制より、糖の燃焼促すことに特化
 
機能性表示食品として消費者庁に届け出が受理されました。届出番号A148

 

特徴・ポイント 価格 オススメ度
ALAが1カプセル15ミリグラム 4,900円(税抜)1か月分  (送料無料)  

>>アラプラス糖ダウン詳細はこちら<<

 

 サラシアプラス
 

 

・インドの伝統医学のハーブ、サラシア配合 
 
・サラシアに加えて、ギムネマ・桑の葉・白インゲン抽出物・ウコン・グァバ葉など11種類の有効成分

 

・ギムネマのに含まれるギムネマ酸は小腸内で糖質の吸収を阻害し、血糖値の上昇を抑える働き
・桑の葉のDNJは、糖質の吸収を抑制する働き
・白インゲンのファセオラミンは、炭水化物の吸収抑制

特徴・ポイント 価格 オススメ度
11種類の有効成分+3種類のビタミンB 7,180円(税込・送料無料)   

>>サラシアプラス詳細はこちら<<

 

 

 

 

血糖値が高くなると色々な症状が出てきます。

 

まず健康な血糖値の値は140mg/dl未満です。

 

血糖値が高くなけば高くなるほどいろいろな症状が現れてきます。
200mg/dlではまだ特に症状が現れることはありませんが、300-400mg/dlくらいになると、体が疲労したり喉がとても渇いた状態になります。

 

 

 

もっとも高くなる500mg/dl以上になってしまうと、意識がもうろうとしたり、嘔吐してしまったりする状態になることがあり、昏睡状態になることもあります。
また症状だけでなく体の中でさまざまな障害が出てきます。

 

 

とくに障害が出やすいところは、腎臓や神経や目と言われ、手足が痺れてきたり感覚がなくなってしまう神経障害、失明してしまうこともある目の障害の網膜症、腎臓に異常が出てきてきちんと機能ができなくなってしまう腎不全、脳の血管が破れて脳内出血を起こしたり、くも膜下出血を起こしたりする脳卒中の症状が出ることもあります。

 

 

白井田七の体験談

 

血糖値が高くなってしまい、妻が自分のためにいろいろと食事で気を付けてくれていたものの、なかなか数値が下がるまではいきませんでした。

 

そんな時に血糖値が下がるもので何かいいものがないかと探していたところ、白井田七を知ることが出来ました。

 

最初はサプリメントで血糖値が下がるのか半信半疑でしたが、飲んでいるうちに次第に本当に血糖値の数値が下がっていったので、本当に驚きました。

 

もちろん食事も栄養価の高いものを一緒に摂取していたので、相乗効果もあるのかもしれませんが嬉しかったです。

 

錠剤も大きいものはとても苦手なので、サプリメントを飲むとなった時にどうかな、と思ったのですが、この白井田七のサプリメントの錠剤は小さくて飲みやすいために、心配することもなく続けていくことが出来るので、同じような心配がある人にもとてもおススメです。とにかく血糖値を下げたい人にお薦め間違いなしです。

 

白井田七の原材料になっている「田七人参」は古くから生薬として使用されてきました。

 

バランスのとれた数多くの栄養素がたくさん含まれていますが

 

その中でも注目の「サポニン」の含有量は高麗人参の7倍とも言われていて

 

インスリンと同様、血糖値の正常化を促進させる作用があるので

 

糖尿病の改善効果に期待ができると注目されています。実際に「数値が下がった」などの口コミも多いんですよ。

 

「血糖値が気になって飲み始めたと」いう女性の体験談をいくつかご紹介します。

 

◎ 
効果あると思います。
血糖値は少しずつ時間をかけてゆっくり下がっていってますが体のだるさがなくなり、血流が改善されて冷えも軽くなってきました(50代)

 

◎ 
血糖値が高く飲み始めましたが、血圧も安定してきたので驚いています。
更年期障害の顔のほてりやイライラも軽減されて、体調が良くて嬉しいです(40代)

 

◎ 
「血糖値を下げるサプリ」と友人にすすめられて半信半疑で飲み始めたところ期待以上に血糖値が下がってきたのでビックリ!
毎日忘れずに飲むだけで効果もある手軽さがいいですね(40代)

 

・・など、血糖値以外でも良い体感をされてる方が多いのも人気の秘密です。

 

 

 

 

>>白井田七39%OFFの詳細はこちら<<

 

血糖値が高い人は、お酒を飲んでいいの?

アルコールは血糖値が上がるイメージがありますよね。

 

でも、実はそうでないアルコールがあるのをご存じですか?

 

焼酎やウイスキーなどの「蒸留酒」は、加熱して蒸留する際に

 

血糖値上昇の原因となる糖分が取り除かれるため、血糖値が上がりにくいんです。

 

糖質ゼロの発泡酒なんかもいいですね。

 

だからといって、もちろん飲みすぎは厳禁です!

 

逆に、ビールや日本酒などの「醸造酒」は、アルコールを発酵させたままの状態で糖質が含まれていますので

 

蒸留酒と比べると血糖値が上がりやすいとされています。

 

 

 

一般的には「糖尿病の人は禁酒が基本」といわれてますが

 

お酒は昔から「百薬の長」と呼ばれていて、少量のアルコールは

 

血栓を溶かす作用や、ストレスを和らげたりすることに役立つことがわかっています。

 

 

日本酒なら1合、ビールは大瓶1本まで、ワインだとグラス1杯までが基準です。 
 

 

飲みすぎると「お酒は万病のもと」になってしまうので

 

おつまみにも気を付けながら、休肝日をつくり、必ず適量を守りましょう。

 

アルコールは1gが約7kcalとカロリーも高め。

 

カロリーコントロールをしている人も摂りすぎには注意しましょう。

 

オリヒロの血糖値を下げるお茶とは?

年齢とともに気になるのが血糖値です。
血糖値が高くなっても、自覚症状がないため、
健康診断で発覚したという方が多いと思います。
血糖値が高いまま放置しておくと、糖尿病
さまざまな合併症を引き起こしてしまいます。
そうならないためにも、生活習慣を見直し
血糖値を下げることが重要です。

 

そこで注目されているのが、オリヒロの

血糖値を下げるお茶です。

 

グァバ茶
「グァバ葉ポリフェノール」が血糖値の急激な
上昇を抑える効果があります。

 

プーアル茶
「カテキン」「サポニン」「ミネラル」が豊富に含まれ、
血行促進、血糖値改善効果が期待できます。

 

ごぼう茶
「イヌリン」が血糖値の急激な上昇を抑え、
糖尿病や腸内環境を改善する効果が期待できます。

 

バナバ茶
フィリピンでは糖尿病の民間薬として使用されています。
「グリコース・グリコキニン配糖体」が血糖値を下げる
作用があります。

 

桑の葉茶
デオキシノジリマイシンが、糖が吸収される前に
体外に排出し、血糖値の上昇を防ぎます

 

 

血糖値を下げるトクホのお茶!

近年では、スーパーやコンビニで手軽に買える
血糖値を下げるトクホのお茶が人気です。
トクホとは「特定保健用食品」として認定された
健康保持に効果のある成分を含んだ食品です。
血糖値を下げるトクホのお茶には、
血糖値の上昇を抑えたり、インスリンに似た
作用のある成分が含まれています。
CMでもよく見かける血糖値を下げる
トクホのお茶をご紹介します。

 

からだすこやか茶W(コカ・コーラ)
脂肪の吸収を抑え、糖の吸収をゆるやかにします。

 

健茶王 黒豆黒茶(カルピス)
プーアル茶に焙煎した黒豆をブレンドしています。
食物繊維の働きで糖の吸収をおだやかにします。

 

健茶王 すっきり烏龍茶(アサヒ)
食物繊維の力で糖の吸収をおだやかにする
すっきりとした味わいの烏龍茶です。

 

食事と一緒に十六茶W(アサヒ)
食後の脂肪の吸収・糖の吸収をおだやかにする
カフェインゼロのすっきり飲みやすいお茶です。

 

蕃爽麗茶(ヤクルト)
グァバ茶ポリフェノールの働きで、糖の吸収を
おだやかにします。

 

血糖値を下げるノンカフェインのお茶!

毎日の食生活を見直すことで、血糖値を下げることができます。
最近は、血糖値を下げるお茶が注目されており、
いろいろな種類のものが販売されています。

 

ただ、いくら血糖値を下げるお茶だとしても、
毎日飲むものなので、カフェインなども気になります。
例えば、緑茶の「カテキン」は糖の吸収をおだやかにし、

食後の血糖値の上昇を防ぐ働きがありますが、
カフェインが含まれているので、就寝前や妊婦さんなどは
飲むのを控えているという方も多いでしょう。

 

ここでは、血糖値を下げるノンカフェインのお茶
ご紹介します。

 

コーン茶
血糖値を下げる代表格のお茶です。
食物繊維も豊富で便秘改善も期待できます。

 

杜仲茶
血糖値の上昇を抑え、正常値に戻すことも
期待できるお茶です。

 

菊芋茶
豊富に含まれる「イヌリン」が血糖値の上昇を
抑え、アレルギー改善にも効果が期待できます。

 

びわの葉茶
「コロソリン酸」がインスリンに似た働きをします。

 

ルイボスティー
ミネラルが豊富で「不老長寿のお茶」と呼ばれています。

 

ごぼう茶
「イヌリン」が血糖値を改善していきます。

 

そば茶
ポリフェノールの一種「ルチン」が生活習慣病予防
働きかけます。

 

 

お茶・コーヒーは血糖値を下げる?

年齢とともに気になる血糖値は、食生活や生活習慣を
見直すことで改善することが可能です。
日々の積み重ねということで、注目されているのが、
多くの方が飲んでいるお茶・コーヒーです。

 

日本人に馴染みのある緑茶「カテキン」
豊富に含まれていますが、このカテキンには、
食後の血糖値の上昇を抑える働きがあります。

 

他にも、コーン茶、桑の葉茶、ごぼう茶、グァバ茶
ルイボスティー、プーアル茶など、さまざまな
血糖値を下げるお茶があるので、好みに合った
飲みやすいものを継続していくことで
血糖値の改善に大きく期待ができます。

 

また、近年では、ハーバード大学の研究で、
コーヒーを毎日飲む人は、飲まない人と比べて、
糖尿病になるリスクが男性は50%・女性は30%
少なくなるという結果が出ています。

 

コーヒーに含まれるポリフェノール「クロロゲン酸」は、
糖代謝を活発にし、血糖値を安定させる効果が
期待できます。1日のコーヒーの目安は3〜4杯です。
コーヒーを飲む際の注意点は、砂糖は入れず
ミルクを入れる場合は牛乳か生クリームにしましょう。
コーヒーフレッシュを入れるときには、糖質が少ない
ものを選ぶようにしましょう。

 

 

血糖値を下げるツボとは?

私たちの体には、何らかの不調があるときの対策になる
ツボ(指圧・灸・鍼)があります。
実際に、改善のために体験された方も多いと思いますが、
血糖値を下げるツボがあるのをご存知ですか?

 

血糖値の上昇は、糖尿病やさまざまな合併症などの
リスクが高くなるため、毎日の生活習慣や食生活の

見直しが必要です。そこに、血糖値が下がるツボ
積極的に取り入れ、正常値を目指して行きましょう。
ただ、血糖値が下がるツボといっても急激に
下がるわけではないので、継続することが重要です。

 

湧泉(ゆうせん)
土踏まずよりも少し上辺りのくぼんだところで、
血糖値をコントロールするツボです。

 

隠白(いんぱく)
足の親指の爪の付け根です。
食欲を抑える作用があります。

 

陽谿(ようけい)
手の親指と人差し指の付け根で、
糖代謝を促進します。

 

神門(しんもん)
耳の上部内側のくぼんだところです。
精神を安定させる作用があります。

 

内分泌(ないぶんぴ)
耳の穴の頬に近いU字になったところで、
ホルモンバランスが整えられ、インスリンの
分泌が正常になるとされています。

 

 

血糖値を下げるホルモンとは?

血糖値の調整は、自律神経、すい臓・肝臓などの臓器、
ホルモンなどが、体内でバランスの調整を行っています。
ホルモンには、グルカゴン、成長ホルモン、アドレナリン、
ノルアドレナリンなど、さまざまな種類がありますが、
血糖値を下げるホルモン「インスリン」だけです。

 

つまり、血糖値を下げるためには、インスリンの
分泌をいかにコントロールするかにかかっています。
インスリンはすい臓から分泌されるホルモンです。

 

人は食事をすると、誰でも血糖値が上昇しますが、
私たちの体はそれを感知して、すぐにインスリン
分泌し、食後に増加した血糖をエネルギーとして
利用したり、タンパク質の合成などに使い、
速やかに処理をして一定に保たれています

 

インスリンを分泌する「β細胞」の消耗などにより、
インスリンが不足すると、血糖値を下げることが
できなくなるため高血糖の状態が続いてしまいます

 

また、インスリンが正常に分泌されたとしても、
インスリンを細胞に取り込む受容体が弱くなっていると
血糖値を下げることはできません

 

インスリンや受容体の機能を高めるためには、
乱れた日常生活を見直し、糖質を制限するなど、
食生活を改善する必要があります。

 

 

筋肉をつけて血糖値を下げよう!

一見、筋肉と血糖値は何の関係もないように思えますが、
実は大きな関わりがあるのをご存知ですか?

 

糖尿病の治療には食事療法だけではなく、
運動療法も取り入れられています。
それは、運動カロリーで消費するだけが

目的ではなく、筋肉が増えることにより
血糖コントロールが有効になるからです。

 

人の筋肉は20代をピークにどんどん減少します。
さらに、50代を過ぎると急激に筋肉が減少し、
「年齢とともに足が細くなった」という人が
多く見られるようになります。

 

筋肉の約6割は、太ももやふくらはぎなどの
下半身に集中しているため、筋肉が減ると
そのような状態になるのですが、反対に、
下半身の筋肉を集中的に鍛えると
効率良く筋肉を増やすことができます

 

私たちの体の中で、ブドウ糖をもっとも取り込む器官は
筋肉です。つまり、筋肉量が増えると、それだけ多くの
糖分を蓄え、エネルギーとして燃焼することができるので
血液中にブドウ糖が余りにくくなり、高血糖になりにくい
体になるというわけです。

 

 

トマトは血糖値を下げる?

トマトは、ダイエット効果、アンチエイジング効果
美肌効果、ガン予防まで、さまざまな美容&
健康効果があることで知られています。

 

トマトには、ビタミンA・ビタミンC・ビタミンEなどの
豊富なビタミン類カリウム・カルシウム・鉄などの
ミネラル食物繊維が豊富に含まれていますが、

代表的な成分といえば「リコピン」です。

 

リコピンとは、赤色の元である天然色素成分で、
カロテノイドの一種です。
リコピンは、βカロチンの2倍、ビタミンEの100倍の
強い抗酸化力を持っているのが特徴です。

 

老化やガンの原因でもある活性酸素を除去し、
若返りの栄養素として知られてきましたが、
近年の研究では、リコピンには血糖値を下げる
効果もあることが分かってきました。

 

リコピンには、インスリンの働きを正常化し、
血糖値自体を下げる作用があるので
血糖値のコントロールに有効です。
また、トマトにはクエン酸アミノ酸も豊富なので、
ブドウ糖の吸収を抑え、インスリンの改善にも
効果があるという研究結果も報告されています。

 

毎日の食事に、生のトマトトマトジュースなどを
摂り入れ、血糖値を改善していきましょう。

 

 

酢は血糖値を下げる?

は健康に良いことで知られていますが、
血糖値の上昇を抑制する効果が
あることも、既に研究で実証されています。

 

大さじ一杯のを摂り入れるとこで、
食後の血糖値の上昇を抑えられるのです。
それは、は、胃から腸への食べ物の移動を

遅延させ、消化をゆっくりにする作用があるからです。

 

また、は酵素の活性を高めることで、
ブドウ糖の分解を抑え、血液から筋肉への
ブドウ糖の取り込みを増加させます。
さらに、酢は、小腸での2種類の分解酵素の
働きを阻害し、糖の分解を抑制します。
これは、血糖低下薬と同じ働きです。

 

にはさまざまな種類がありますが、
特別なものではなく、普段使用している
酢で十分とされています。
一般的な食酢よりも摂りやすいリンゴ酢
ハチミツ酢はオススメです。

 

効果的な酢の摂り方は、食前や
食事の早い時間に、1日大さじ一杯を目安に
食事の初めに摂ることがポイントです。
食後の血糖値を急激に上げないためには、
食前、もしくは、食事の初めに摂ることが大事です。

 

 

 

納豆は血糖値を下げる?

現在、日本では成人の6人に1人が糖尿病患者、
もしくは予備軍といわれています。

 

一般的に、血糖値が高くても自覚症状がないため、
健康診断で指摘されたという方も多いでしょう。
血糖値が高いまま放置しておくと、脳梗塞や
心筋梗塞などのリスクも高くなるため、
血糖値を正常な状態に戻すことが大事です。

 

血糖値を下げるためには、まず生活習慣を
見直し、食生活を改善することから始めましょう。
食べ物には、血糖値が上がりやすいもの
血糖値を下げるものがあります。

 

毎朝、納豆を食べているという日本人は多いと
思いますが、納豆血糖値を下げる食品
一つであることをご存知ですか?

 

納豆は独特なニオイなので好き嫌いがハッキリと
分かれる食品ですが、納豆の栄養価の高さは
誰もが知るところです。納豆の主成分である
大豆タンパクに含まれる「水溶性ペプチド」
血液中の糖の吸収を促進する働きがあります。

 

また、納豆に含まれる「レシチン」は人の細胞膜を
つくる大事な成分で、不足するとインスリンが
出なくなるといわれています。
さらに、納豆に含まれる「サポニン」血糖値を
下げる作用の他にも、血流改善免疫向上など
さまざまな健康効果があることで注目されています。

 

 

 

豆腐は血糖値を下げる?

年齢を重ねるごとに気になる血糖値を下げるためには、
生活習慣を見直し、食生活の改善
適度な運動を取り入れることが大切です。

 

効率的に血糖値を正常値に戻すには、
血糖値を下げる食品を摂取すると良いでしょう。

その一つが、古来から食べられている豆腐です。
豆腐は、味噌汁や冷奴など、日本人には
馴染みの深い食品ですよね。

 

豆腐にはポリフェノールの一種「イソフラボン」
豊富に含まれています。ある研究では、
イソフラボンを摂取すると、ブドウ糖の
処理能力(耐糖能)が高まり、インスリンの
働きが正常化するという結果が出ています。

 

また、中性脂肪やコレステロール値の
改善にも効果が期待できます。
さらに、豆腐には良質なタンパク質や、
リノール酸、サポニン、レシチン、ビタミン
ミネラルなどの栄養が豊富に含まれています。

 

低カロリーで栄養も豊富なことから、
摂取カロリーの制限にも悪影響がないため、
血糖値の改善には欠かせない食品
いえるでしょう。

 

 

豆乳は血糖値を下げる?

豆乳美肌効果ダイエット効果があることで
知られていますが、実は血糖値を下げる
食品として注目されています。

 

豆乳は大豆をすりつぶして絞ったものです。
大豆は、良質なタンパク質やビタミン・ミネラル・

食物繊維などが豊富に含まれています。
大豆タンパクの「水溶性ペプチド」は、
血液中の糖を細胞内に吸収する働きを
促進するといわれています。

 

また、血糖値が下がりすぎないように
調整しているホルモン「グルカゴン」に作用し、
血糖値を正常な状態に戻して行きます。
さらに、豆乳に含まれるポリフェノールの一種
「イソフラボン」インスリンの働きを正常化し、
血糖値を下げる効果が期待できます。

 

食事の前に豆乳を飲むことで、
食事の吸収をゆっくりにし、食後の
血糖値の上昇を抑えることができます。
1日の目安は200mlです。
加熱しても効果は変わらないので、
スープ豆乳鍋などで頂くのも良いでしょう。
ただ、早く効果を出したいからと
過剰摂取した場合、生理不順などの症状
みられることもあるので注意が必要です。

 

 

 

水は血糖値を下げる?

「1日2リットルの水を飲むと健康に良い」
聞いたことがあるという方も多いと思います。
私たちが生きて行く上で、水分補給をすることは
非常に重要なことです。

 

血糖値が高い場合も、水分補給をすることで、
体内の水分量が増え、血液中にある余分な

糖を体外に排出することができます。

 

血糖値とは、血液中のブドウ糖の濃度です。
つまり、適切な水分補給をすることで、
血液中のブドウ糖の濃度を薄くし
血糖値を下げることができるというわけです。
体内の老廃物を排出するためには
たくさんの水分が必要です。
では、水分はをどのように摂取すればよいのでしょうか。

 

新陳代謝を高め、糖の吸収を抑えるためには
食前を飲むと効果的です。
1日2リットルが目安ですが、一気に飲むのではなく、
起床後、朝・昼・晩の食前、入浴後など、
少量をこまめに摂取しましょう。
にもさまざまな種類のものがありますが、
ウォーターサーバーなどを利用し、
純度の高いを選ぶと良いでしょう。